読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

汚部屋

私の家は汚部屋、汚家でした

 

一戸建てではあったけど中古で購入、たぶん昭和の最後の頃に建てられた家でした

中古だったからなのか、愛着もなく

長年住むうちにガラクタが溜まり家もすきま風が吹き…

人生あと20年余、この家に住み続けるのは限界

余生を不満だらけの人生にしたくないという思いでリフォームしました

なぜ、新築にしなかったのかというと

自分の人生はあと約20年、その先は私たちは子供がいないので動けなくなったらあるいは思考できなくなったら施設での生活を視野にいれていたから

新築ではもったいない

リフォーム会社にもあと20年もつ家にしてくださいとお願いしました、でもせいいっぱい高かったけどね

 

工事をするあいだ実家へ仮住まい

都合2回の引っ越しをするわけです

 

いやー2回引っ越しすると、いままでのゴミのような家具やら服やらこまごまとしたものを処分できました!

リサイクルショップだったり、粗大ごみだったり

私のもかなり捨てたけど、夫のわけわからん荷物もこっそり捨てた

なくなってもわからないようなものばっかりでしたよ

「あれ、どこやったかな?」というセリフは未だに聞いてないw

 

もうモノは増やしたくない!

モノが増えて人間の居場所が狭くなるなんておかしいだろ